2016年01月14日

長文読解のコツ

今週末はいよいよセンター試験ですね 受験生のみなさん 全力投球で頑張ってくださいね
当教室にも受験生がおり、今月末に大きな試験が控えています。今は追い込みレッスンをしているのですが、一番重点的にしているのが長文読解。点数配分も大きいですし、ここには単語、文法も含まれる総合的問題とも言えます。

よく学習者にありがちなのは、読み返し をしてしまうという点。日本語と文章構造が違う為、いったん読んだとしても再度読み返してしまうんですね。これでは時間のロスですし、疲れてしまいます。
なので、この読み返しがないように『頭から読み、理解していく』力をつけていくようにしましょう。

例えば、、、、
The other day, a few customers who regularly buy some goods dropped in at our shop and gave us souvenirs gift-wrapped in brown paper. という文。
まず、カンマで区切られているThe other dayを訳すると『先日』。次に前から直訳していくと、、、
『数人のお客さん 定期的に商品を買う ちょっと寄った 私達の店 そして くれた 私達に お土産 ギフトラッピングされた 茶色の紙』

という感じですね。ここまでくれば何とな〜く内容が理解出来てくるのではないでしょうか。
つまり『先日、定期的に商品を買ってくれる数人のお客さんが私達のお店に立ち寄ってくれ、茶色の紙でラッピングされたお土産を私達にくれた。』
という訳が出来あがりますね。
この日本語訳を見てみると、英文の中を前後にいったりきたりしていませんか?ここが時間を取らせ、わかりにくくしているんです

長文読解はこの『前から順に』が次第に速読につながっていきますので、是非チャレンジしてみてくださいね
posted by HaveFun! at 17:08| Comment(0) | 英語上達の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

新年度に向けて

あら、、、、アッと言う間に三月も終わりに、、、、ブログもご無沙汰しておりました、、、、

短期レッスンも今年度最後のレギュラーレッスンも今週末でおしま〜〜〜〜い
ふ〜っとひと息つきたいところですが、忙しい性格上“何かしなきゃ、MOTTAINA〜〜〜I”
と、いうことで今月末から来月初めにかけて通訳のボランティアに行くことになりました
新しい出会いにもワクワクしています 

さてさて、新しい教材も全て配布し終え、生徒の皆のワクワクした顔はホント良いものですね〜 既にDVDやCDを観たり聴いたりしてるかもしれませんが、是非是非お時間がある時は好きなだけ触れましょう〜〜〜っ 『英語の摂取量』は『英語力』に比例してきますよ〜ん
聴いてるしぃ〜と思ったあなた!!!では、次にシャドーイング(CDに合わせて口から出していく作業)でイントネ―ションやアクセントを真似っこしていきましょ それもしてるしぃ〜と思ったあなた!!!ではでは、『ニホンゴ、ワカリマセ〜ン』となりきって暗誦してみましょ

ほら、英語が『あ、何か楽に聞こえてくる』でしょ!?

な〜〜んも難しい事ないとよ Take it easy〜〜っ
posted by HaveFun! at 17:25| Comment(0) | 英語上達の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

どの教材がいい?

この職業をしていると、校外生の子供、大人関わらず“どのように家庭で勉強した方がいいですか?”、“市販の教材等でどれがお勧めでしょうか?”というようなご質問をよく頂きます。
英語力アップの為私も日々是精進の身としては“どれが1番、どれはやめといた方がいい等はありません”というスタンスなんです。 勿論、某有名な海外のテキストも好きですし、実際お勧めもします。
中級レベル位になると、別のテキストもお勧めしたりしています。無数にあるテキストでは、個人個人の好みや相性もあるので、絞れないのがほんとのところです。何故なら、その方、その子の強化すべきところや目標も様々で、その時点で私自身把握出来ていない状態のまま無責任に、“これとこれ”とは言えないんです。

ただ、一つだけお伝えしている事があります。過去にも記事にしましたが、それは、“必ず英語だけの時間”もしくは“どこかで英語の音が流れている、触れる時間がある”ように環境を整えてください。ということです。昔と比べるとだいぶ日本における英語環境も変わったと思いますが、個人的にはまだ足りないと感じています。特に地方になると、、、。
日頃英語に触れている時間は、1日どのくらい割合を占めていますか?耳に入ってくる時間は?口から出す時間は?目から入ってくる時間は?体全体で体験する時間は?

一般的に家の中でも、外に出ても聞こえてくる会話、音、人、ほとんど日本語と日本人。ここで英語力を上げる第1歩は、先ず英語環境を作り出す事
ただ注意して頂きたいのは、お子様に関しては、決して最初から“このDVDを観よう”“これを今日は聴こう”等こちらから与えない=押しつけない事。その日の気分で選んでもらい、今日はかけ流しにしたり、明日は一緒に観たりとあくまでも生活の一部になるように、自然体で、、が基本です。

とにかく英語の接する機会と量を増やして、少しづつで構いません、必ず毎日続けてみましょう 英語の音や文字に対してすんなり入ってくる実感が得られるはずです。
posted by HaveFun! at 12:15| Comment(0) | 英語上達の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

話し言葉と書き言葉

私自身の英語力向上の為、こちらのブログとは別に英文ブログを持っています。始めた10年程前、きっかけはきちんとした、精錬された英語力を身につけたいから。
最初はかなりブロークンな英文で、とりあえずこちらの意図が伝われば、、というスタンスだったのですが、大きな間違い。ただのこちらの我が儘的な書き方でした。読み手に不要な労力をかけてしまい、最悪誤解を招くということもあり得ます。なので基本に戻り、きれいな英語を意識し、再度書き始める事にしました。
書き始めると英語と日本語の様々な違いに奥深さを感じ、どっぷりとはまり、今でも細々ながら続けています。
このブログを通して知り合った英語仲間も数多く、有難い事に添削をお願いされることも多々あります。
その中で気付いたのが、話し言葉をそのまま英文にしてしまう点
こちらの文を見てください
例:
When my firend called me, I was doing the shopping. So, we didn't meet up with each other yesterday.

一見間違いはないように思われるかもしれませんが、ある一部分は避けた方がいいところがあります。どこでしょうか?




お気づきかとは思いますが、"So"ですね。

会話で文頭によく" So,〜〜〜"と言ったりします。“それで、じゃあ、”といった結論、要約を表す為に使ったりします。
しかし、文章で書くとなるとこちらは避けなければなりません。一般的に上記のような使い方の場合は文頭には持ってきません。

話し言葉をそのまま書き言葉にしてしまうと、思わぬところで落とし穴があります。こういったところにも意識するとグッと英語力がアップしていきますし、語学に対しての理解度も変わってきますよね。私も日々落とし穴にはまらないようにブラッシュアップしていこうと思っています
posted by HaveFun! at 11:53| Comment(0) | 英語上達の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

春休み期間 ちょこっと英語のツボ

<第4回> 英作文の作り方

皆さんご存じの通り、英文と日本文の構造は違いますよね。よく言われているのが“主語”と“動詞”の順番。
英語は必ず、主語(s)+ 動詞(v)で始まります。一方、日本語は主語〜〜〜〜動詞 というように語順が違う為、日本語のまま英訳してしまう生徒もいます。

例えば、、、
『彼らは放課後サッカーをします』
They(主語)+ play (動詞)soccer after achool.
の語順ですね。

英作を始めたばかりの生徒らには、日本語文内で主語は最初、動詞は最後と、注目させるようにしています。

『彼は弟と午前中に犬の散歩をします』はどうでしょうか。
He (主語)+ takes(動詞)the dog for a walk with his brother in the morning.

ですね。

“これくらい簡単やしぃ〜”と思ったあなたっっ 
侮るなかれ 

これはごくシンプルな1文だからクリアに出来ますが、複雑な英文になればなるほどこの基本が重要になってきますよ

しっかりトレーニングしていきましょう〜
posted by HaveFun! at 10:15| Comment(0) | 英語上達の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする