2017年03月04日

そ〜きたか!

日々レッスンを行っていると、色々な場面で気づかされる事が多々あります。

生徒達が何を考えて行動しているのか、何を求めているのか、どういう切り口でアプローチするとガッツリ興味を向けてくれるのか、、、、レッスンをしながらあ〜でもない、こ〜でもないともがくこともしばしばありますが、とてもやりがいを感じます

これは、学習内容についても同じ事で『なんでだろう?』 と私が気にも留めなかった事を疑問に持ち、どんどん質問してくれます。これは学年が高くなるほど、『そ〜きたか!』という質問が飛んできます

例えば、JAクラスの一コマ、、、、
『This is the book which my father game me.と This is the book which my father gave to me.は何が違うんですか?to meの文は間違いなんですか?』と質問してくれた生徒。

普段、私は前者を使い、海外の友人らとも話す時はto meではなくgame meを使う為、気にも留めなかった部分。
間違いか正解かと問われれば、文法的には間違いではありません。(私個人は何だかむずがゆい感じがするんですが、、、)
ただ、日常使うのは圧倒的に前者の形。また、学校の先生は前者を正解と求めている事もあるかもしれません。

また、大人クラスSPクラスでは、、、、
『How are you?は良く聞きますが、先生がよく使っているWhat's going on?はイギリスでも使ってますか?』 という興味深い質問。
思い切り米語の私は、イギリスで使っているかどうか確かではなかったので、私の“宿題”として持ち帰りました。
イギリスやアメリカの友人らに確認を取ると、What's going on?を挨拶のHow are you?という意味で使うのはアメリカだそう。また、とてもカジュアルなので目上の上司等には使わない方が良いとの事。

まさに、へ〜〜〜〜、ほ〜〜〜〜〜、そうなんだぁ〜〜〜〜〜と沢山の気づき。

彼らの鋭い質問に、日々私も勉強になります

さ〜、今度はどんな質問がくるんだろう、、、、ワクワクしますね〜 Fire away!
posted by HaveFun! at 13:00| Comment(0) | レッスン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]