2015年04月01日

英語は『特別』ではない

色々な生徒達、大人の生徒さんら、その親御さん、英語を通じて知り合う方々等、様々な方々と触れあっていく中で、よく感じるのは『英語という特別な垣根を持っている』事。特にこれは年齢が上になる程感じています。
その方々に共通するのは『英語=教科』として捉えられ、自ら難しく考えておられる事です。これは今までの英語に関する教育上、その結果として必然的な捉え方かなとも思います。なので、日頃から『英語は特別でも何でもないんです ただの一つの言語、コミュニケーションツールにしか過ぎません。』とお話ししています。
勿論、『だって先生は(英語、英会話が)出来るからですよ〜』と即座に突っ込まれます が、ここで考えてみてください。年齢が低くなるにつれ物事を吸収しやすい子達はどうでしょうか?彼らは『垣根』を持ってないんですね。なので、『そうゆうものだ』として受け入れ、『そういうものだ』として発信していくわけです

私自身楽に身につけたわけではなく、もがき苦しみ今に至っているのでこういうお声には非常に共感します。と、同時にこの厄介な『垣根』をどう取っ払おうかといつも試行錯誤していますし、まだ『垣根』が無い子達には、いかにスムーズに使える英語力をつけさせていくか、教科となった後も垣根知らずの英語力を向上させていくかを考えています。
まだまだ未熟な講師ですが、いづれ『あ、英語?別に普通のことやん』という声が至る所で聞ける日を目指して、日々彼らとともに成長していきたいと思っていますパンチ
posted by HaveFun! at 10:14| Comment(0) | 講師について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]