2014年12月27日

どの教材がいい?

この職業をしていると、校外生の子供、大人関わらず“どのように家庭で勉強した方がいいですか?”、“市販の教材等でどれがお勧めでしょうか?”というようなご質問をよく頂きます。
英語力アップの為私も日々是精進の身としては“どれが1番、どれはやめといた方がいい等はありません”というスタンスなんです。 勿論、某有名な海外のテキストも好きですし、実際お勧めもします。
中級レベル位になると、別のテキストもお勧めしたりしています。無数にあるテキストでは、個人個人の好みや相性もあるので、絞れないのがほんとのところです。何故なら、その方、その子の強化すべきところや目標も様々で、その時点で私自身把握出来ていない状態のまま無責任に、“これとこれ”とは言えないんです。

ただ、一つだけお伝えしている事があります。過去にも記事にしましたが、それは、“必ず英語だけの時間”もしくは“どこかで英語の音が流れている、触れる時間がある”ように環境を整えてください。ということです。昔と比べるとだいぶ日本における英語環境も変わったと思いますが、個人的にはまだ足りないと感じています。特に地方になると、、、。
日頃英語に触れている時間は、1日どのくらい割合を占めていますか?耳に入ってくる時間は?口から出す時間は?目から入ってくる時間は?体全体で体験する時間は?

一般的に家の中でも、外に出ても聞こえてくる会話、音、人、ほとんど日本語と日本人。ここで英語力を上げる第1歩は、先ず英語環境を作り出す事
ただ注意して頂きたいのは、お子様に関しては、決して最初から“このDVDを観よう”“これを今日は聴こう”等こちらから与えない=押しつけない事。その日の気分で選んでもらい、今日はかけ流しにしたり、明日は一緒に観たりとあくまでも生活の一部になるように、自然体で、、が基本です。

とにかく英語の接する機会と量を増やして、少しづつで構いません、必ず毎日続けてみましょう 英語の音や文字に対してすんなり入ってくる実感が得られるはずです。
posted by HaveFun! at 12:15| Comment(0) | 英語上達の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]