2014年12月11日

話し言葉と書き言葉

私自身の英語力向上の為、こちらのブログとは別に英文ブログを持っています。始めた10年程前、きっかけはきちんとした、精錬された英語力を身につけたいから。
最初はかなりブロークンな英文で、とりあえずこちらの意図が伝われば、、というスタンスだったのですが、大きな間違い。ただのこちらの我が儘的な書き方でした。読み手に不要な労力をかけてしまい、最悪誤解を招くということもあり得ます。なので基本に戻り、きれいな英語を意識し、再度書き始める事にしました。
書き始めると英語と日本語の様々な違いに奥深さを感じ、どっぷりとはまり、今でも細々ながら続けています。
このブログを通して知り合った英語仲間も数多く、有難い事に添削をお願いされることも多々あります。
その中で気付いたのが、話し言葉をそのまま英文にしてしまう点
こちらの文を見てください
例:
When my firend called me, I was doing the shopping. So, we didn't meet up with each other yesterday.

一見間違いはないように思われるかもしれませんが、ある一部分は避けた方がいいところがあります。どこでしょうか?




お気づきかとは思いますが、"So"ですね。

会話で文頭によく" So,〜〜〜"と言ったりします。“それで、じゃあ、”といった結論、要約を表す為に使ったりします。
しかし、文章で書くとなるとこちらは避けなければなりません。一般的に上記のような使い方の場合は文頭には持ってきません。

話し言葉をそのまま書き言葉にしてしまうと、思わぬところで落とし穴があります。こういったところにも意識するとグッと英語力がアップしていきますし、語学に対しての理解度も変わってきますよね。私も日々落とし穴にはまらないようにブラッシュアップしていこうと思っています
posted by HaveFun! at 11:53| Comment(0) | 英語上達の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]