2016年05月02日

国内脱出記 〜Part 1〜

ゴールデンウィーク、みなさん楽しくお過ごしでしょうか?
わたくし昨日、無事帰国しました かなり短い国内脱出期間でしたが、中身が濃い体験をたくさんしてきましたよ〜っ

脱出先は、今回上海でした。期間が限られフライト時間やチケット確保を考慮するとアジア圏に絞られた為、まだ行った事がなかった上海に決めました
福岡国際空港へ到着し、無事チェックイン、出国手続きを済ませ余裕をもって飛行機へ。セキュリティーも何も問題なく搭乗出来ました

飛行機が離陸する時って、ローラーコースターみたいで好きなんですよね〜 でも、息子と主人はどうやら苦手みたいでした

浦東(プウドン)国際空港に到着後、モノレール乗り場へ。空港と直結してるので便利です。因みに、英語ではモノレールではなく、Maglev(Magnetic levitation)マグレヴと言います。表記にも『To Maglev Station』と記されていますよ。
これがMaglevです。
IMG_0708.JPG

乗客もまばらで、ゆっくり座れました そうそう、空港内でセグウェィに乗ったスタッフがビュ〜〜〜〜〜ッン って移動してました ぶつからないようにね〜っ っていう位の速さで、、、急用っだったんでしょうね、、、きっと
途中、地下鉄に乗り換え宿泊先に近い駅へ。地下鉄路線も網目のように張り巡らされていて、2,3分毎に来ますし、しかも安い 1元約20円で3人で9元=約180円 なんです 日本の様な切符ではなくカードで出てきますよ。
また、各駅には荷物のセキュリティーチェックがあります。大きな荷物は空港のように台に乗せスキャンされます。
ここで、注意したいのが乗降の時。日本ではきちんと並び、降りる人が優先という文化が根付いていますが、ここでは同時です、、、 一応ドアが開き正面は降りる人の流れですが、ドアが開くと同時に脇から人が乗ってきます 人がめちゃめちゃ多いのでのんびり待ってると、乗り損ね、降り損ねしますよ、、、、、 しかも、人が乗ってる最中だろうが何だろうがドアは強制的に締まります。『安全は己で守れ』 この一言ですね、、、 実際、私と息子がガッツリ挟まってしまい、主人がホームに引っ張ってくれ難を逃れました、、、 ええ、、、、洗礼を受けましたね、、、、ハイ

ホテルにチェックイン後、すぐ近くの豫園(ユエン)地区散策。
こんな建物や
IMG_0711.JPG
あんな建物がありますよ
IMG_0718.JPG
通りには雑貨屋がずらりと並び、10元のお店や生地のお店等等プラプラ散策するには良いですね〜。
観光地なので人も多いです

到着日は半日しか動けなかったので、ユエンを満喫してきました。
ただ、日本語や英語はほとんど通じません 片言の英語(Thank you, Hou much? etc)は観光地なので通じますが、英語でのコミュニケーションはまず難しいですね、、、、

ホテルや大型ショッピングセンターのサービスセンターでやっっっと通じるかな、、、という感じですが、かなり中国語訛りが強い英語で、しかも早口です ホテルのチェックインの際も、フロントスタッフはかなりの早口で中国語のアクセントが強い英語、、、。
こちらの要望もわかってるのかな、聞いてるのかな、、、という程。実際、後で問題が発覚するんですがね、、、、、                。。。。。To be continued
posted by HaveFun! at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする