2018年01月16日

正解は一つではない!

いきなりですが、英語の問題です。

AとBが同じ意味になるようにカッコに適切な語を入れてください。
A) The girl with long hair is my sister.
B) The girl ( )( )long hair is my sister.












答えは。。。。。。。

The girl (who)(has)long hair is my sister.

あれと思った方、流石です。The girl (that)(has)long hair is my sister.も正解です。

上記の問題ですが、ある生徒が受験する高校の過去問。英語専門コースで有名な高校なんですが、昨日のレッスンで彼女から『thatは間違いですか?』と質問を受けました。
実際、彼女はthat hasと解答していました。しかし、答えが。。。。。。。。。。。。。。

The girl(who)(has)long hair is my sister.のみなんです。そりゃ、戸惑うわな、、、、、。だって、レッスンでは両方正解だという様々な使い方学んでいるんですから。


おそらく出題側は、whoという関係代名詞を答えさせたいんだろうな。。。。。と推測出来ますが。。。。。
もしかしたら例外的な使い方があるのか?と思い、念のためネイティブの友人らに質問し、確認してみました。
全員両方合ってるよの返事。。。。

何で答えが一つだけしか記載していないんだろう。。。。who(that)と付け加えても良いのに。。。手間を省くため?印刷の関係上?大抵はwhoを書くから? 生徒は出題側の意図も汲まなきゃならない?。。。。。。。。。。なんだかモヤモヤする。。。。。。

もし実際本番に生徒がthatを書いたとして、採点側はきちんと見てくれる。。。。。と信じていますが、解答を返却されるわけでもないので、大事な進路を決める試験という場では『より確実な方を書いた方が無難』ということになります。

なんだかなぁ。。。。。。。。。
こういう問題と解答って他にもいっぱいあるんだろうなぁ。。。。。 

生徒達には上記の様に、答えが一つでないものはすべて教えています。ですが、だからこそ解答が1つのみの場合、『あれ?』という反応が出てきます。
反応が出るということはそれだけ知識がついているということなんですけどね
素朴な疑問の『あれ?』は必ず聞き出していかなければならないな。。。と思いました。

<追記> 今後関係代名詞を勉強される、又はされている方に誤解がないようにお伝えしますね。
先行詞が人の場合通例whoを用います。上記の様にthatでも正解です。が、こちらに関してはまだまだ賛否が分かれれているところで、(特に試験では)より確実にという点ではwhoを用いた方がいいかもしれません。ただ、whoのみ正解だという認識になってしまうのではなく、色々な正しい知識を身につけていくべきであり、使い分けていくべきではないかと思っています。またこの問題が、世界に比べるとまだまだ改善点がある日本英語教育の現状を表していると感じたので記事にしました。
posted by HaveFun! at 13:42| Comment(0) | レッスン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

なんですと!?全国模試学年トップとな!

昨日のL1クラスでのスピーチテーマは、My goals in 2018 新年の抱負までとはいかないですが、目標を発表してもらいましたよ

勉強を頑張りたい、部活を頑張りたい等々興味深い内容ばかり彼らのバイタリティーならばきっと達成出来ると思います
もちろん、英語を頑張りたいと、嬉しい目標も聞かれましたよその目標を掲げた1人のS君。コツコツ派の真面目な生徒さん。去年はアメリカにも短期留学した頑張り屋さんです。もちろん英語が好きということで今年も頑張りたいと話してくれたんですが、その理由の一つが。。。。。。
『全国模試で英語が学年トップなのでこれからも頑張りたい』との事
その理由を聞きクラス一同『マジで!?マジすげ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っの喝采 しかも控えめにポソッと、、、『今のところずっとトップです』

。。。。。。。。。 な、なんですと!?ずっとトップを維持してるのかい!?

これを聞き更にみんなから『マジやべ〜っ』『ヤバすぎる〜』と2重3重の驚き

いや〜〜〜、これには参りました。。。
おし!その調子で突き進めぇ〜〜〜〜〜〜っ

日ごろのレッスンも少しは役に立ってくれているのかな〜、なってたら嬉しいなぁ〜〜

S君を始め、みんなの飛躍が益々楽しみでなりません
posted by HaveFun! at 18:58| Comment(0) | レッスン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

センター試験当日

今日はセンター試験ですね 寒いですが、福岡は幸い天候に恵まれました 受験生の皆さん全力で頑張って下さいね〜〜っ 

今年は大学受験生の生徒はいませんが、高校受験を控えている生徒達がいます 今月は早速専願の入試が行われ、数人チャレンジ予定 当日直前のレッスンまでサポートしていきたいと思います あとは、、、、、、、彼らを信じるのみですね。
今まで頑張ってきたので、いい結果が出る事を願っています

体調を万全に整えて乗り越えていきましょう〜〜〜〜〜っ 
さっ、私もレッスン頑張ってきます〜〜っ
posted by HaveFun! at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

NHK。。。。なんか落ち着く。。。

タイトル通りなんですが、若い頃は紅白以外ほとんど番組を観たりしなかったNHK。。。 おばちゃんになった今ではどっぷり色々な番組を観ていますNHKの回し者ではありませんよ。。。。)特に平日の昼間から夕方にかけてのBSは最近のお気に入りです 昔の映画だったりワールドニュースやCNN student news等海外に関係した番組があるので。。。 も、ち、ろ、ん、受信料払ってるのでしっかり元取らな!!!というおばちゃん精神だからでもあります
個人的な意見ですが、同じような内容を繰り返し、他人様の事についてあ〜でもないこ〜でもないと論議している民間ワイドショーは大の苦手なので。。。。

なのでかわかりませんが、NHKの番組やニュースを観ているとホッとするのは。。。。。何故だろう。。。 

少し話しは逸れますが、今では情報社会なので何をどこから得ていくか、それが自身の為になるのか見極めていくのも必要ですね。

以上、おばちゃんのつぶやきでした。。。
posted by HaveFun! at 13:42| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

TESOLって何?

最近、ブログ内に記載しているプロフィールで『TESOLって何ですか?』と聞かれることがあります。TESOLは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。

TESOLとは。。。。。。。
『Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格のことをいいます。要するに英語を教えるための資格のひとつです。
広い意味では非ネイティブ向けの英語教授法に関する学問分野だったり、英語教育の学会名称だったりしますが、概ね英語を教えるための資格という意味で使われます。
「テソール」、「ティソル」、「テソル」などと読みます。
TESOLは世界中さまざまな認定機関に学習コースが用意されており、広く認知されています。そのため、世界中で英語を教えるのに有効な国際資格のひとつと言えます。
また、英会話スクールによっては講師の募集要項にTESOLなど英語教授法の資格保有を条件にしているところもありますので、講師は英語指導スキルが一定水準に達していることの証明としてTESOLを取得することもあります。』(みんなの英語ひろばより抜粋)

去年受講したのですが、とても興味深く楽しかったですね〜
実際行っているレッスンを見直すきっかけにもなりました 

いつかディプロマもとってみたいな〜〜
posted by HaveFun! at 13:55| Comment(0) | 講師について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする